の関連記事

保険会社の対応に納得できない場合は弁護士に相談する 

個人で保険会社とやり取りしていると、納得のできない対応をされるケースは珍しくありません。 交通事故の被害者はこちらだというのに、まったく誠実な対応をしてくれない。 まだ病院に通院中だというのに突如、治療費の打ち切りを宣告…

保険会社からの治療費打ち切りがあった場合の正しい対処法|弁護士は何をしてくれるのか 

交通事故後、通院を続けていると、保険会社側から治療費を打ち切りたいと連絡が入ります。 この理由は、治療費の支払いは加害者の保険会社が負担するためです。 保険会社としては、治療費を早々に打ち切りにすることで負担を軽減したい…

休業損害の計算方法(主婦・サラリーマン・自営業者) 

交通事故によって入院や通院といった治療が必要になってしまった場合、当然、仕事は休まなければなりません。 本来得られることが出来た収入を、得ることができなくなってしまうのです。 これはまさに、交通事故による損害の一部と言い…

交通事故問題を弁護士に相談するタイミングはいつがいいか? 

交通事故問題を弁護士に相談するタイミングについては、結論から言えば早いに越したことはありません。 相談が早ければ早いほど、手続きを有利に進めていける傾向があります。 かといって、示談交渉締結前であれば、相談が遅すぎるとい…

相手が任意保険に未加入の場合でも賠償金は請求できるのか? 

現在、任意保険の加入者は全ドライバーの7割程度であるのに対し、未加入者は3割程度と言われています。 つまり、交通事故の被害に遭ってしまった場合、3割程度の確率で相手が任意保険に未加入というのは現実にも起こり得るのです。 …