の関連記事

死亡事故の逸失利益の計算方法  

交通事故は悲しくも人の命を奪ってしまうこともあります。 交通事故そのものをなかったことにはできないため、もし、死亡事故になってしまった場合は、残されたご家族が代わりとなって、加害者に対して損害賠償請求をすることができます…

保険会社から提示された示談金が低すぎる場合の対処法 

保険会社から提示された示談金が低すぎると感じた場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?また、中にはそもそも提示された示談金が低すぎるのかどうか判断できない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、そういっ…

交通事故の過失割合はどのように決定されるのか 

今回は、交通事故の過失割合がどのように決定されるのかについて見ていきましょう。 過失割合は警察が決定していると考えている方は多いのではないでしょうか?そのために実況見分をしているのだと。 しかし、過失割合を決定しているの…

入通院慰謝料の計算方法【自賠責と裁判所基準の違い】 

交通事故が理由で入院、または通院が必要になってしまった場合、かかった費用に加えて、入通院慰謝料として相手保険会社に請求することができます。 慰謝料というのは、精神的苦痛に対する損害賠償のことを指しますが、この苦痛を数値化…

後遺障害の逸失利益の計算方法  

後遺障害の逸失利益とは、簡単に言えば、「交通事故に遭わなければ、後遺障害を負うこともなかった。 この後遺障害がなければ、これだけの収入を得られたはず。 」というものです。 もう少し具体的に説明すると、営業のサラリーマンが…