個人で保険会社とやり取りしていると、納得のできない対応をされるケースは珍しくありません。

交通事故の被害者はこちらだというのに、まったく誠実な対応をしてくれない。

まだ病院に通院中だというのに突如、治療費の打ち切りを宣告された。

想定していた示談金よりも低い金額を提示されたなど、様々です。

しかし、どれだけ保険会社側に納得できないと伝えても、まともに取り合ってはくれません

こういった場合は、弁護士に相談することを強くおすすめします。

弁護士に相談する前の注意点

ただし、弁護士に相談したからといっても、すでに示談に応じてしまっているとなった場合、これを覆すのは簡単ではありません。

他にも、保険会社の対応に納得できてないにも関わらず、そのまま手続きを進めてしまったとしたら、取り返しのつかない事態になるケースも想定されます。

もし、保険会社の対応に納得できないなと感じた場合は、すべての手続きをストップしてください

そして、納得できていないことを、担当者にしっかりと言葉で伝えましょう。

とはいえ、納得できていないと保険会社側が理解してくれたとしても、希望通りになるわけではありません。

保険会社としては、納得できていない理由を明確に示してほしいと反論してきます。

ここで必要になってくるのが、交通事故問題における専門的な知識なのですが、個人がこれを持ち合わせるのは容易ではありません。

そんなこと知らないよという質問を次々と投げかけてきます。

保険会社が弁護士介入に弱い理由

保険会社に対して納得できていないことを伝えたら、次は弁護士の出番です。

弁護士であれば、専門的な知識を持ち合わせているため、保険会社側の反論に十分すぎるほどの対応ができます。

保険会社の担当もプロではありますが、弁護士と違って法律のプロではありません。

弁護士が介入することで、個人では実現できなかった保険会社の誠実な対応、そして治療費の延長などが現実のものとなるのです。

また、交通事故問題の最終着地点である示談金交渉においても、「これが決まりでこれ以上の金額は出せない」と言い張っていた保険会社側が対応を変えてきます。

なぜなら、弁護士が介入することで、現実に裁判へと発展する可能性が出てきます。

保険会社としても、裁判まで発展するとなれば、通常の示談よりも大きな金額で裁判所に判決を出されてしまう危険性が伴います。

もちろん、裁判をする以上、保険会社側も弁護士をたてなければなりません。

であれば、交渉の段階で増額し、示談交渉を進めたほうが吉と考えるわけです。

弁護士への相談は早ければ早いほど良い

上記のようなメリットがあるため、納得できないと感じた段階で弁護士には相談すべきですが、実は弁護士への相談は早ければ早いほど良いのです。

たとえば、すでに治療費が打ち切りになってしまった段階からでは、最終的な示談交渉はできても、治療費の延長についてはいくら弁護士とはいえ交渉するのが困難になります。

交通事故直後であれば、病院にどの程度通うべきかなど、具体的な方針、そしてそのために必要な保険会社への交渉もすべて行うことが可能です。

とはいえ、弁護士への相談は示談交渉が終了する前であれば、遅すぎるということはありません。

治療費打ち切り後も通院したのであれば、その分の費用を後から請求することも可能です。

保険会社に納得のできない対応をされ、弁護士への相談をお悩み中の方は、早ければ早いほど良いですし、また、決して遅すぎるということもありませんのでご安心ください。

交通事故問題はぜひ当事務所にご相談ください

保険会社の対応に納得できない場合、その交渉は長引く可能性があります。

保険会社側も簡単には引き下がれない場面もあるのです。

特に、金額に大きく影響が出る場面では、いくら弁護士が介入していたとしても、保険会社も譲らない場合があります。

こういった場合、弁護士によっては交渉を早めるために、依頼者に対して妥協を求めることがあります。

交渉が長引くということは、弁護士も仕事量も増えてしまうということ。

中にはこうした不誠実な対応をする弁護士もいるのが現実です。

しかし、当事務所では、ご依頼者様が納得できないのであれば、納得できるまでとことん保険会社側と交渉しますし、具体的な理論を基に要望を伝え続けていきます。

これが実現できないのであれば、当然提訴し、裁判による解決を図りますし、第一審で納得のいく判決がでないのであれば、控訴するのも当然だと考えています

このように、当事務所ではご依頼者様が納得されるまでとことん戦い続けます。

適正以上の賠償額など、なかなか現実にするのが難しい問題もありますが、精一杯サポートさせていただきますので、まずはお電話からご相談いただければ幸いです。

また、当事務所では、示談金交渉といった経済的な面だけでなく、精神的な面からもサポートいたしますので、なにか不安なことがあれば遠慮なくお話しください。

交通事故の基礎知識の関連記事

弁護士と行政書士は何が違う?交通事故問題は弁護士を選ぶべき理由 

「弁護士より行政書士のほうが安く済みそう」 「法律事務所より行政書士事務所の方が敷居も低く、気軽に尋ねられる」…

交通事故賠償金の3つの基準【裁判所基準・任意保険基準・自賠責基準】

交通事故の賠償金には3つの基準(自賠責基準・任意保険基準・裁判所基準)が存在します。 どの基準が採用されるかに…

交通事故問題を弁護士に相談するタイミングはいつがいいか? 

交通事故問題を弁護士に相談するタイミングについては、結論から言えば早いに越したことはありません。 相談が早けれ…

保険会社からの治療費打ち切りがあった場合の正しい対処法|弁護士は何をしてくれるのか 

交通事故後、通院を続けていると、保険会社側から治療費を打ち切りたいと連絡が入ります。 この理由は、治療費の支払…

弁護士費用特約について|使える上限は?弁護士は選んでいいのか? 

弁護士費用特約について知りたいというご相談、実際にも多く見受けます。 「使える上限はあるのか?」「弁護士は自分…